私のメイクに対する想い

こんにちは♡

男性指名率を2倍に引き上げる♡
恋愛メイクカウンセラーの樋口エリです。

 

なぜ、メイクをするのか?

今回は、私のメイクに対する想いを書かせていただきますね。

今現在、私はみなさんにメイクや恋愛を教えている立場ですが、

実は昔、とっても自分にコンプレックスを抱いている、超絶ネガティブな人間でした。

 

「ブス」と言われていじめられた過去

私は学生の頃に、「ブス」と言われていじめられていました。

合計5回の転校を繰り返して、ある程度子供の頃から「外見の影響力」は知ってはいました。

しかし、ある時好きな男の子に告白しました。

しかし、結果はNO。理由は「ブスだから」

まさか、好きな男の子から「ブス」と言われてフラれるとは。。。

それから、学校内では「あのブスから告白された」という男子の中で噂が広まり、
私はその後、引きこもった人生をしばらく過ごしていました。

 

でも、いつも思うことがありました。

いつかあの男子たちを見返してやりたい

どうしたら可愛くなれるのか。
どうしたら胸を張って生きられるのか。
そこから、私のメイク人生は始まったんです。

整形手術も考えた高校時代

可愛ければ、何でも叶うのでは?

そう思っていた私は、高校生になった時に二重整形することも考えました。

しかし、二重にしたところで、私は自分に自信が持てるようになるのだろうか?
むしろ、もっと鼻が高くなりたいとか、さらに輪郭を変えたいとか、
自分に対して、もっと劣等感を抱くようになるのでは?

もしも今の自分に子供が生まれたら、
自分の顔に似ていたら、
その子のことも嫌いになってしまうのではないだろうか?

壮絶な不安が押し寄せて、

整形はやめよう!
自分の顔を好きになろう!

そう決めて、どうしたら可愛くなれるかを研究していきました。

 

重要なのは顔じゃない、魅せ方だ

それから、自分の顔のパーツ分析や、男性の好むメイク、印象を思い通りに変えるメイクなどを研究するにつれ、あることに気づきます。

重要なのは、元からある顔ではなく、魅せ方なんだと。

たとえ美人であっても、愛嬌がなければ可愛くない。むしろ「お高くとまっている」と言われて嫌われてしまいます。

要は魅せ方。魅せ方をよくするには、セルフイメージを高くすること。

私は、メイクをすることは、このセルフイメージを高くするのに、最短な方法だと思っています。

美容室に行って、髪を整えたら誰かに見てもらいたいのと同じように、毎日肌の調子がよかったら、毎日嬉しいですよね?

今日のメイクがキマったら、誰かに見て欲しいですよね?

 

私は常に、誰に見てもらいたいかを考えながらメイクしたり、お洋服を選びます。

それだけで、毎日が絶対豊かになる。女性として生まれてよかったって思えます。

あなたが内面から変わる、人生観が変わるメイクをお伝えします♡

最後までお読みいただき、ありがとうございました♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です